自動車用ガラスコーティング剤(常温硬化型)解説書:GlassCoat-proの特徴

文字 文字

サイトマップ

ボディ用ガラスコーティング【GlassCoat-pro】とは

ガラスコートプロイメージ図

現在、市場(新車ディーラーや施工店)で一般的なガラスコーティング剤と言えば有機溶剤で割ったタイプですが、ガラスコーティングの液剤が空気反応し結晶化する際に溶剤が抜けますが、一部閉じ込められた溶剤がボディの酸化劣化を起こしています。
同時に被膜事態も密度が薄くなりコーティングの持続力も短くなってしまいます。
その2つのウイークポイントを完全にカバーするために開発されたのが、完全無機質・無溶剤の(*次頁参照)低・中分子ガラス被膜を形成するガラスコーティング剤【GlassCoat-pro】です。
硬質度の高い耐久性だけではなく深い艶・光沢をお約束いたします。
自動車でいう所の一番劣化が激しく、また見た目が大事とされる箇所がボディとタイヤ周りです。
ホイールのコーティング剤としても使用できるガラスコーティング【GlassCoat-pro】をご自身で施工してみてはいかがでしょうか。達成感とステータスは計り知れないものがあります。

GlassCoat-pro驚きのその特徴とは

■超耐久性被膜ガラス成分95%以上

一般的な有機溶剤系ガラスコーティングの酸化劣化を防げないウイークポイントをカバーした、完全無機質・無溶剤の高分子ガラス被膜(注;低・中分子の収縮結合による)を形成する業界最新のガラスコーティング剤です。
普及しているガラスコーティングとは違い、ガラス成分を95~98%配合していますので酸化劣化のない圧倒的な耐久性を誇ります。
テフロンやフッ素樹脂ポリマー、珪素系コーティングとは一線を画した高硬度と耐久性がありますのでキズが付きにくく、メンテナンスもほとんど必要ありません。
また通常の汚れは下図のようにガラス被膜の上に乗っている状態ですので手洗い洗車にて簡単に落とせます。 施工表面イメージ図

■無溶剤・VOC非配合による環境への配慮と無酸化劣化

当ガラスコーティング剤は無溶剤の薬剤ですので揮発性有機化合物(VOC)及び環境ホルモン物質を全く含有しない、環境にやさしいばかりではなく、無溶剤ですから溶剤揮発による酸化劣化が一切起こらないガラス本来の硬質被膜を長期間維持します。

■誰にでも施工しやすい1液タイプ

本液剤はガラスコーティングメニューの中でも最高級グレードに当たるメニューとしてカーディーラーや街のポリマー施工店にポリマーシステム開発会社(代理店)を通して実際に販売され使用されています。
メニューの中には2液反応性の施工の難しいものもございます。
当サイトでは『自分で簡単・安心施工(らくらくDIY)』をコンセプトにしていますので、1液性で且つ拭き上げムラにならない薬剤を紹介しています。

[次項]ガラスコーティング【GlassCoat-pro】の詳しいスペックをみる

更新情報・お知らせ

大きさの違う画面で最適表示するマルチデバイス対応ホームページにリニューアルしました。NEW
超撥水タイプの無機質・無溶剤タイプのガラスコーティング剤(新型)の卸売をスタートしました。

↑ PAGE TOP